中学受験における勉強時間は短い時間で繰り返す

中学受験の勉強はいろいろな工夫をしていくと捗る可能性があります。勉強自体が好きではない子どもも多く、そうした子どもは長時間に渡って勉強するということが難しい場合があります。

集中力を長く保つのが難しいということに加え、1時間も2時間も連続で勉強をしないといけないとなると、最初からやる気が出なくなるという可能性もあります。そうなれば、中学受験の勉強そのものに大きな支障が出るでしょう。したがって、より子どもにとってハードルの低い勉強の仕方をさせてあげるというのも良いかもしれません。その1つが、勉強時間を短い時間で区切るということです。

子どもからすると、ゲームで遊びたいとは思っても、勉強はしたくないという場合も多いので、長時間の勉強を前提にすると、どうしてもやる気が出ません。そこで、例えば30分だけといったような短時間の勉強を何回か繰り返すという方法が効果的なケースがあるのです。

結局、トータルで勉強する時間は変わらなくても、1回あたりの時間が短いとやる気が出やすいという効果が期待できます。少しの時間だけ頑張ればすぐに終えることが出来るので、モチベーションも維持しやすくなります。こうした方法によって、結果的に中学受験のための勉強が捗るケースもあるので、実践してみる価値はあるかもしれません。

PAGETOP